処遇改善加算(Ⅰ)取得に向けての取り組み

<処遇改善加算(Ⅰ)を取得するための算定要件>

(1)キャリアパス要件
① 職位・職責・職務内容に応じた任用要件と賃金体系の整備

② 資質向上のための計画を策定して研修の実施又は研修の機会を確保すること 

③ 経験者もしくは資格等に応じて昇給する仕組み、又は、一定の基準に基づき定期に昇給を判断する仕組みを設けること

 

(2)職場環境等要件・・・賃金改善以外の処遇改善への取り組みを新たに実施すること。
以上の要件を満たさないと加算(Ⅰ)は取得できません。

小平アットホームケアサービスにおける具体的な取り組みについて以下に説明します。

① キャリアパスを導入し、管理職から登録ヘルパーまでそれぞれの立場に合わせたスキルアップの仕組みを作成し、実績や貢献度に応じた評価制度を導入し、介護職としてのキャリアアップと処遇改善の取り組みを行っていきます。
② 全ヘルパー向けの研修として、毎月実施しておりますこれまでの勉強会をさらに強化し取り組んでまいります。

③ 子育ての両立を目指すヘルパーのための子育て支援制度や産休・育休制度を充実させます。

④ 職場環境等要件を満たすため、東京都の処遇改善事業を受け入れ、管理職、サービス提供責任者に向けたリーダー研修等を実施、さらに新人ヘルパーのためのメンター制度の導入やICT導入による業務効率化等、事業所内の環境改善に向けての取り組みを行うこととします。

以上のような実施計画を掲げ、取り組むことで、処遇改善加算(Ⅰ)を取得し、職員の報酬アップとサービスの質の向上を実現していきたいと考えています。

 

<処遇改善加算(Ⅰ)を取得する目的について>

 小平アットホームケアサービスでは、今回の処遇改善加算取得をきっかけに、事業所としてキャリアパスを導入することで、介護職員、利用者、地域、全てが満足するプラスサイクル実現を目指します。
職員のスキルアップ→処遇改善加算(Ⅰ)取得→介護報酬アップ→職員の報酬もアップ→職員満足度アップ→質の高い人材確保・定着率アップ→利用者さんへの質の高いサービス提供→利用者満足度アップ→地域からの信頼アップ→仕事依頼アップ→事業所の規模拡大→地域のニーズに対応できる事業展開→更なる人材育成に向けての投資が可能→職員の更なるスキルアップ→プラスのサイクル継続。
処遇改善加算について、国がイメージしている理想かもしれませんが、小平アットホームケアサービスは、本気でこのプラスサイクル実現を目指して、取り組んでまいりたいと思っております。
以上、長くなりましたが、処遇改善加算(Ⅰ)取得に向けての取り組みと目的について説明させていただきました。
また、居宅介護支援部門(ケアマネ)についても、同じように事業所加算(Ⅱ)を取得し、サービスの質の向上に取り組んでおります。
今後も地域のニーズに答えられる事業所を目指し、職員一同精進していく決意であります。
よろしくお願い致します。

平成31年4月1日
多鹿 洋